リフレクソロジー

「リフレクソロジー」という「足裏健康法」は、身体だけでなく心にも働きかける不思議な力をもっています。


家族の対話の希薄さが叫ばれる現代、まずは家庭の中から、お互いの健康を支え、より豊かな関係を築いていただきたいという願いを込めてこの本を書きました。
二十一世紀になり、世の中はさらにスピードアップして進化しつつあります。さまざまな技術の発達により、私たちはますます快適な生活を送ることができるようになってきました。しかし、その一方で、私たち人間の身体は、昔と少しも変わっていないのです。むしろ、環境の変化に人間が振り回されて、さまざまな症状に苦しめられているというのが真実ではないでしょうか。


また、健康に関するありとあらゆる情報が氾濫する中で、生身の「人間の身体」の存在が見えにくくなっていますが、そんな中で私たちは、本当に自分の身体に合うものを見極める「目」を養い、身体を守っていかなければなりません。なぜなら、どんなに豊かな世の中になったとしても、欲しいものを手に入れたとしても、身体が健康でなければ人は幸せではないと思うからです。


この本でご紹介する「リフレクソロジー」は、いつでもどこでも、自分の手だけで身体に働きかけることのできる健康法です。足裏の一点を押したからといって、劇的に体調がよくなるというわけではありませんが、「ふと気がついたら、調子がよくなっていた」というように、ゆっくりと、でも確実に人間の本能を目覚めさせてくれる方法です。


忙しい毎日を送る私たち現代人が、毎日足裏を刺激する習慣を身につけるというのは、確かに面倒くさいことかもしれませんが、日々、地道に続けているうちに、いつの間にか身体がその気持ちよさを記憶しはじめます。身体が気持ちよさを感じるということは、すなわち、私たちの本能が喜んでいるということです。頭で考えるのではなく、身体全体で感じ、脳が本当に喜ぶように語りかけ続けると、身体は確実に変わっていきます。

食生活の改善で骨も体も強く丈夫に

子どもの骨が弱くなり、骨折しやすくなっているといわれます。原因は食生活です。
肉が好きで魚が嫌い、野菜を食べない、間食をよくして食事は不規則、という。
この調査が何を物語っているかといえば、家庭生活の乱れです。食事が不規則になる生活環境や間食に制限をつけない家庭内のしつけのあり方が指摘されます。親の生き方、考え方、心のあり方が問題なのです。勤めていて忙しいからと、手抜きして加工食品やコンビニ弁当などで食事をすませていたら、丈夫な骨も体もできるはずがありません。
この骨の弱さは性格にまで影響します。神経がピリピリして、イライラしやすい、落ち着きがなくて気が散りやすい、集中力がない、こうしたケースの子どものほとんどは、真っ直ぐに背骨が伸びずに歪みがあり、ひどい場合は湾曲している場合があります。
このような骨になると筋肉を使う労働を極端に嫌い、怠惰になっていきます。子どもだけに限らず、大人でも食べもののバランスがくずれると同様の結果になります。
全身の骨格は内臓の容れものです。骨の強さが力になって健康な体を支えます。こゆがとに骨盤は要です。骨盤が歪むと背骨から頭までが歪んできます。頭から全身に神経をつないでいるのは背骨です。だから、骨格が弱いと、神経や内臓の働きを支えきれなくて圧迫してしまうのです。

続きを読む

ぼうこう

勝耽は一二層の平滑筋でできています。排尿筋ともいいますが、自由に使命を果たすために三層になっています。内と外層は縦走で内層は輪状に走ります。縦横無尽に用を果たせるようにとの自然の思いやりです。
また勝耽から尿道に移るところに二種の括約筋があります。これは内尿道括約筋(平滑筋)と外尿道括約筋(横紋筋)で、内と外で調和し助け合って用を果たします。
勝耽から大脳に尿意が伝えられると、括約筋の収縮が強まります。そして排尿の準備ができると、この括約筋の収縮が解除され、排尿筋が働いて排尿となります。これは見事な自然の働きで人間の力ではありません。神経のコントロールタワーの働きで、宇宙からの働きかけです。
ただし、睡眠中は勝耽が弛緩し、大脳も休むので尿は大量にたまります。普通はそれで止まっていますが、勝耽炎や精神的緊張、不安などがあると勝耽壁が緊張して、わずかでも尿意をもよおすことになります。
眠っていて、目が覚めないでそのまま寝小便をするのは、尿意が大脳に伝わらないからです。神経の働きが鈍っているのです。

続きを読む
ギャラリー