お腹が空いたら運動しよう!

一般に、運動するとお腹が空いて必要以上に食べてしまうと思われていますが、私の考えは逆です。

たとえば、以前は毎週のように80kmのサイクリングを楽しんでいましたが、走っている最中も走り終わった直後も、ほとんどお腹は空きませんでした。

それは、運動で血中ブドウ糖が消費されて一定値を下回ると、筋肉や内臓に蓄えられていたブドウ糖が血中に放出され血糖値が上がることと、運動により体脂肪が分解されて合成された遊離脂肪酸が全身の細胞で利用されたあと、肝臓で代謝されて「ケトン体」に変わり、それが脳の視床下部にある満腹中枢を刺激して空腹感がなくなるからです。

逆に、何もしないで1日中家でテレビなどを観ていると、動かないのに妙にお腹が空いて困ったりすることも!


身体を休めているときは副交感神経が優位になり、食欲が増すのです。
ですから、運動不足は食欲を促進させてしまうことになります。

このように、適度な有酸素運動には、エネルギーを消費するだけでなく食欲を控えめにする効果もあるんですよ!


ところで、「ケトン体」は日常の空腹時にエネルギー源として利用されます。

脳はブドウ糖しかエネルギーに使えないなんていわれていますが実は誤りで、脳はしっかりアセトン、アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸などのケトン体をエネルギー源にして機能しているんです。

それどころか、朝食をとれば胃腸に集中する血液を、すべて脳や骨格筋に回せるので、頭はスッキリして力も漲るんですよ!

体脂肪が分解されケトン体が作られ、エネルギー源として利用されるため、午前中の仕事など「朝メシ前」(昼メシ前でした!)にこなせちゃうってわけ!


空腹を我慢しているうちにお腹が空かなくなってしまった、なんて誰でも経験していると思いますが、それは空腹の神経が麻痺するわけではなく、この「ケトン体」や血糖値のおかげだといえます。

痩せたいひと、体質を改善したいひとは、朝食を抜いてみてはいかが?!

そしてお腹が空いたら、身体を動かすようお勧めします!

とくに断食中などは意識を運動に向けることで、ひもじい思いをせずにすむと思います!

不安と興奮が高まる

不安とうっは普通いっしょにおこります。そして、不安のため、普段よりイライラしやすくなります。またうつがひどくなると、興奮も高まります。うつの人は緊張して、じっと座っていることができません。多くがパニック状態(極端な不安感の発作)になり、心拍数が上がり、心臓発作がおきているのかと思われる人もいます。


深刻なうつにおこりうる症状は、妄想的思考です。妄想を抱いている人は、明らかに現実との接点を欠いています。妄想には、自分は迫害されているとか、自分は神から特別の才能や洞察力を与えられたと拷就渦など、誇大妄想的な思いこみがあります。実際には聞こえない声が聞こえる幻聴や、他人には見えないものを見る幻視もあります。

こうした症状のすぐあとに治療を受ければ、普通は思考も正常に戻り、正常に暮らせるようになります。こうした場合、一~二カ月の入院が必要でしょう。入院中は、毎日の精神療法、向精神薬、抗うっ剤、勇気づけが施されます。しかしなかには、残念ながら精神病になる人もいます。

精神病は通常のうつとは、その程度や性質において、とても異なります。
まとめとして、うつは複雑でつらい障害であり、心、体、スピリチュァリティのすべてに影響します。現実の痛みを回避するために、完全に現実との接点を失うところまで進んだりと、さまざまな程度の症状が見られます。大半のうつは精神異常の段階まではいきませんが、悲しみ、つらい思考、身体的症状、不安(または興奮)をともないます。
もしこれらの症状のために本人が生理的、社会的に何か悪影響を受けるようなら、うつと言えます。きちんとした専門の精神療法に積極的に取り組めば治ります。もし、悲しみ、つらい感情、精神運動抑制(体の動きが緩慢になり、しかもそわそわする)とともに相当の不安がともなう場合は、興奮性のうっですが、これもまた完全に治ります。
しかし、これに加えて妄想や幻聴、幻視があれば、精神病性うつと言えます。精神病性のうつも、早期に発見されれば、かなり治療は難しいですが、普通は治ります。なかには悪化して、一生、精神障害を患う場合もあります。ただし、近年の医学の進歩により、統合失調症(精神分裂病)患者も、処方薬を服用することで、健康な生き方に戻ることができるようになってきました。

うつから自殺に至るケースも

うつは自殺の最大の原因です。自殺はアメリカ人の死因の一○位にランキングされ、年間三万四○○○人の自殺者がいます。二十分に一人が自殺を図り、一○回に一回は死に至ります。世界中で、自殺は増加の一途をたどっており、年間五○万件が報告されています。
 自殺は人間だけに見られるものです。動物は他の動物を殺しますが、自分を殺すことはしません。人間だけが自殺をするのです。しかし「自殺をする」という人の言葉のすべてが本気だとはかぎりません。


続きを読む
ギャラリー