口絵にある足裏の図は「フットチャート」と呼ばれ、世界でも広く親しまれているもの
です。そして、相当する部分をそれぞれの臓器、器官の「反射区」「反射ゾーン」と言い表します。
たとえば、図の巧の部分は、胃の反射区です。私たちリフレクソロジストは、「胃のゾーンを刺激する」「胃の反射区が硬い」などという表現を使います。

右足と左足で、反射区の数が異なるのは、心臓や肝臓、陣臓のように身体の片側にしか存在しない臓器があるからです。
このフットチャートをよく見ると、足の指や指のつけ根あたりには、目、耳、脳など頭にある各器官が反射投影されていることがわかると思います。
また、食道や肩、肺、心臓などの上半身の器官、臓器は、指のつけ根から足裏のほぼ中央あたりに位置しています。そして、胃や肝臓、腎臓、小腸、大腸などウエストより下にある臓器は、足の土踏まずからかかとの間に存在します。
つまり、立っている人間の臓器、器官が、そのまま足裏にキューッと小さく反射投影されていることがわかります。これは、手のひらについてもまったく同じです。足裏が身体の状態をそのまま映し出す鏡だといわれているのはこの理由からです。だからリフレクソロジー、つまり「反射学」なのです。