このように、足裏に全身が反射投影されているということは、足の反射区と、対応する臓器、器官は切っても切れない関係にあるということになります。


肩が凝って疲れたときに足裏を触ってみると、小指の下の肩の反射区が硬くなって、痛く感じるはずです。逆に、先の尖った窮屈な靴を履き続けることによって、小指の下に摩擦が加わると、それが原因で慢性的な一眉凝りが引き起こされるというケースもあります。
ここで、足と身体の連動を示す例をご紹介しましょう。


靴と共に歩んできた歴史が日本よりもはるかに長い欧米諸国では、足の健康に対しても並々ならぬ関心をもっており、リフレクソロジーに関する研究も盛んです。
リフレクソロジーの世界では、二年に一度、世界各国からリフレクソロジストたちが集まり、日頃の研究成果を発表し合う大きな世界大会が開かれます。


三年ほど前、ヨーロッパで開催されたある国際大会で、医師でもあるリフレクソロジストが、「骨粗霧 症と外反母班の関係」というテーマでスピーチをしました。
外反母吐は足の親指が大きく外側に湾曲してしまう病気、骨粗霧症は骨の密度がどんどん薄くなって骨がもろくなるという、閉経後の女性に多い病気です。この二つの症状は一見まったく関係がないように感じられますが、この医師はリフレクソロジストでもあるので、骨粗霧症で来院する患者さんの足を必ずチェックしていました。すると、外反母班を併発している人の割合が大変高かったというのです。


外反母跳になると、足の親指の根元が主にダメージを受けます。これは、つま先の細いハイヒールなどを履くことによって外側から力が加わり、親指が湾曲するため、親指の下の部分がつぶされてしまうからです。
親指の下のエリアは、実は副甲状腺の反射区です。副甲状腺には、血液中のカルシウム濃度が落ちてくると、骨から血液中にカルシウムを動員したり、尿として排世するカルシウムを抑えるなど、血液中のカルシウム濃度を調整する働きがあります。しかし、このバランスが乱れると、必要以上に骨から血液中にカルシウムを動員してしまいます。そのため、骨がどんどんスカスカになってしまい、骨粗霧症になる可能性が高くなるという非常に興味深い話でした。