2016年02月

うつの症状2

 うつの人はモティベーションに問題があることが特徴です。つまり動機が欠如しているのです。以前かかわっていたような行動にも興味を持てなくなります。人を避けるようになり、一人にしてほしいと願うようになります。ユーモアのセンスも失われ、なかなか決心がつかなくなります。そしてしだいに自殺のことばかりが頭を占めるようになるのです。


 うつの三番目の特徴は、体の症状で、医師らはこれを「うつの生理学的随伴症状」ととらえています。うっの状態にある間、神経系統で脳内アミン、とくにセロトニンにかかわる生化学的変化がおきます。人間の脳は、車がガソリンで走るのと同じく、セロトニンで機能しますが、こうした脳内物質の変化が、さまざまな身体的結果をもたらすのです。
 

続きを読む

うつにかかっているか

次の質問の答えの大半が「はい」の場合は、うっの確率が非常に高いので、症状が悪化しないうちに専門家のアドバイスを受けたほうがいいです。


1一年前と比べて、よく泣きたい気分になる。
2気分が滅入って悲しい。
3希望がなく、ほとんどいつも無力感にとらわれている。
4やる気、動機(モティベーション)がほとんどなくなってしまった。
5かっては楽しめたものへの興味が失せてしまった。
6生きることは価値がないという考えがよく浮かぶ。
7睡眠パターンが最近変わって、極端に多く、あるいは少なくなった。
8食欲がなくなっている。
9しょっちゅうイライラする。
10よくそわそわした感じになる。
11、エネルギーがなかなか湧いてこない。
12朝は一日のうちでも一番気分が滅入る。
13よく過去のことを思い巡らしている。
14鏡に映った自分は悲しそうだ。
15過自己否定感を持ってしまう。
16肥過去のことを気にしすぎる。
17一年前より多くの身体的症状(頭痛、胃の痛み、便秘、動惇など)がある。
18かってのように仕事がうまくできていないことを、;まわりの人は気づいていると思う。

うつになるとどんな症状が現れるのか?

 うつは存在のすべてl身体、感情スピリチュァリティーに影響をおよぼす病気です。うつの感情的な痛みは、骨折による身体的な痛みよりもはるかに深刻です。骨折などとは違って、うつの痛みは徐々にゆっくりとやってきて、ずっと長くとどまることが多いのです。
 現在多くの男女が、身体的な病気よりもうっの症状を多く患っています。そのうつの症状は、臨床的に見て大きく五つに分かれます。それは、悲しい感情、つらい思考、身体的諸症状、不安、そして妄想的思考です。

 
うつの一大症状のひとつは、悲しい感情です。うつを患っている人はふさぎこんだ顔つきで、落ちこんで見えます。また、泣きたい気分になりがちで、実際によく泣きます。視線は下を向いて悲しそうです。口角は下がり、額はしわが寄っています。疲れて、がっかりしたように見え、顔つきは緊迫した感じがあります。
 うつが進行すると、しだいに身だしなみに興味を示さなくなります。男性はひげを剃らなくなり、女性は化粧をしなくなります。深刻なうつの人は他人からはだらしなく見えます。
 うっを笑顔でかくそうとしてもわかってしまいます。事実、うっの人の多くが「にこにこうつ」として知られる状況(内面の悲しい感情をかくすために不適当に笑顔を見せる)になることがあります。


うつの第二の症状は、痛みをともなうつらい思考です。骨折すると身体的な痛みを感じるのと同じく、うっの人は感情的な痛みを経験します。ひどい身体的な痛みと感情的な痛みの両方を経験した人の多くが、心の痛みのほうが体の痛みよりもはるかに苦しいと訴えています。心の痛みより、骨折の痛みのほうがましだというのです。

うつの人は何度もくりかえして内省的に過去のあやまちに関して自分を責めます。自分に非がない場合でも、うしろめたさを感じ、自分のせいだと感じてしまうのです。過去のうまくいかなかったことも、それが事実であれ、想像上のことであれ、あらゆる事柄を過剰に心配します。自己否定感にとらわれているのです。問題がささいなことでしかなくても、あたかも大問題であるかのように評価し、それが全部自分の責任だとして自分を責めます(ある人はまったく逆に、自己憐偶にふけるあまり、すべての問題を他人のせいにします)。

うつになるとどんな症状が現れる

うつのひとは、自分が大切だとは考えず、知性、スピリチュアリティなどの点で、自分は劣っていると感じています。自分は無力で、無価値、希望がないと考えています (事実、うっの人の七五%は自分はけっして治らないと感じています)。
 
多くの場合、まわりの人たちからはサポートがなく、空虚で孤独だと感じています。しかし、人からの愛情、確認の言葉がほしいのに、深く根づいた敵意がそれを得ることを挫折させます。最近、あるいはずっと過去の自分の思うようにいかなかったことに対する後悔でいっぱいです。不幸で悲観的、怒りっぽく、疑い深くなっています。あらゆる体験が心の痛みと結びついています。
 人に受け入れられないことを予期し、(多くの場合、事実とはかなりかけ離れて)拒否され、嫌われていると感じています。自分自身と自分の思考にとらわれすぎているために、注意力、集中力、記憶力に問題が生じます。不安にとらわれ、困惑し、未来は暗く、エネルギーもあまりなく、何をやっても無駄だと思ってしまいます。
 
続きを読む

どんな人でもうつになる可能性がある

うつの患者の数は、その他の、心の問題を抱える人た
 ちを全部合わせた数よりも多いのです。大半のアメリカ人は一生のある時期、深刻 なうつを患います。そして現在、アメリカ人の二○人に一人がうつという診断を受けているのです。
 もちろんもっと多くの人がうっ状態にありますが、治療や援助を受けていません。ある推定によれば、アメリカの十八歳から七十四歳の人口のうち、二○○○万人がうつ状態だと言われています。うつは自殺のおもな原因であり、事実、うつを患った人の一五%が自殺を図ると言われています。うつは今日、アメリカの死因の一○番目にあげられ、大学生の問では死因の二番目にあがっています。うつは男性よりも女性に二倍多く見られ、また経済的にクラスが高い人々には三倍多く見られます。たしかにお金で幸福は買えないことを、この数字ははっきりと証明しています.

続きを読む
ギャラリー