ダイエット

お腹が空いたら運動しよう!

一般に、運動するとお腹が空いて必要以上に食べてしまうと思われていますが、私の考えは逆です。

たとえば、以前は毎週のように80kmのサイクリングを楽しんでいましたが、走っている最中も走り終わった直後も、ほとんどお腹は空きませんでした。

それは、運動で血中ブドウ糖が消費されて一定値を下回ると、筋肉や内臓に蓄えられていたブドウ糖が血中に放出され血糖値が上がることと、運動により体脂肪が分解されて合成された遊離脂肪酸が全身の細胞で利用されたあと、肝臓で代謝されて「ケトン体」に変わり、それが脳の視床下部にある満腹中枢を刺激して空腹感がなくなるからです。

逆に、何もしないで1日中家でテレビなどを観ていると、動かないのに妙にお腹が空いて困ったりすることも!


身体を休めているときは副交感神経が優位になり、食欲が増すのです。
ですから、運動不足は食欲を促進させてしまうことになります。

このように、適度な有酸素運動には、エネルギーを消費するだけでなく食欲を控えめにする効果もあるんですよ!


ところで、「ケトン体」は日常の空腹時にエネルギー源として利用されます。

脳はブドウ糖しかエネルギーに使えないなんていわれていますが実は誤りで、脳はしっかりアセトン、アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸などのケトン体をエネルギー源にして機能しているんです。

それどころか、朝食をとれば胃腸に集中する血液を、すべて脳や骨格筋に回せるので、頭はスッキリして力も漲るんですよ!

体脂肪が分解されケトン体が作られ、エネルギー源として利用されるため、午前中の仕事など「朝メシ前」(昼メシ前でした!)にこなせちゃうってわけ!


空腹を我慢しているうちにお腹が空かなくなってしまった、なんて誰でも経験していると思いますが、それは空腹の神経が麻痺するわけではなく、この「ケトン体」や血糖値のおかげだといえます。

痩せたいひと、体質を改善したいひとは、朝食を抜いてみてはいかが?!

そしてお腹が空いたら、身体を動かすようお勧めします!

とくに断食中などは意識を運動に向けることで、ひもじい思いをせずにすむと思います!

お勧めダイエット体操!

ブログネタ
おすすめのダイエット方法を教えて! に参加中!
最近朝の気温がぐっと下がってきました。

身体を動かすにはいい気候になったと思います。

思わずレッスンの前に自転車でひとっ走りして来ました。

愛車のロードレーサーは相変わらず破損したスポークが入ってこないので乗れないため、折畳み小径バイクのBD−1を駆ってのポタリング(自転車散歩)です。


さて、サイクリングの健康効果には目を見張るものがあり、肥満をはじめとしたメタボリックシンドロームには何をさておいてもお勧めしたい健康法!

私が半年で12kgほど減量してリバウンドがなかったのも、この自転車ダイエットのおかげだと思っています。
(食事や太極拳などもダイエットに寄与しています)



ところで朝起きるのが辛くて運動どころではない、なんて人も少なくないでしょう!

そんな季節は、朝起きたら次のことにトライしてみてください!

1.セロトニン分泌のため、カーテンを開けて1〜2分日光に当たる。

2.フイゴの呼吸(交感神経刺激の腹式呼吸)を1〜2分実施。

3.西式健康体操(六大法則)の好きな種目を2〜5分ほど実施。

4.スクワットかダイエットビクス(*)を1〜2分行う。

5.42度ほどの熱めのお風呂でひと汗かく。


1〜4までなら5〜10分、朝風呂を加えても15〜30分ほどで、雪の降るサムサムの日でも「ヨッシャーッ!」とばかりに気合が入ると思います。

そんな時間さえない忙しい方には、ダイエットビクス(*)だけでもお勧めします!

仰向けで横になり、胸の上で両掌を併せてギュッと力をいれ、両膝を引き寄せてクランク(90度)の状態にしてスタンバイ。
口から息を吐きながら両手両足を伸ばし、口から息を吸いながら元に戻す、という脂肪燃焼体操です。

両手は天井に向かって伸ばし、足先は床と水平に前に伸ばすのがコツ!
お勧めは8回×3セット。時間がなければ4回×2セットでもいいでしょう。

頭を浮かせて実施すれば、腹斜筋以外のほとんどの筋肉を刺激し、エンドルフィンやアドレナリンがどんどん放出され、リパーゼばんばん出まくりでしっかり脂肪を分解してくれるはず。

女性なら大胸筋と上腕三頭筋の刺激により、バストアップや二の腕のプルプル解消効果も!

これだけでも確かなダイエット効果が期待できると思います。


朝はとにかく交感神経を刺激し、体温を上げ、早く身体を「やる気モード」に持っていくことが大切!

そして15分以上かけて大きなストライドで駅までしっかり歩けば、美容健康効果がさらに期待できると思います。

ダイエットはやはり王道を行くべき!

ブログネタ
ダイエット に参加中!
番組で、アメリカで8ヶ月かけて壮絶な減量に挑戦した日本人の女性たちを紹介していました。


まずは気温50度を越える中、軍隊式の厳しい生活をしながら過酷なダイエットメニューをこなしていきます。

普段はほとんど運動をしないという100kg前後の女性たちが、重さ6キロのボディーバーを持ってウォーキングしたり、ジムでの筋力トレーニングに励みます。

そこには「運動は苦手だから」なんて言い訳は通用せず、皆さん滝のように汗をかきながら毎日真剣に取り組んでいました。




40kgから46kgもの減量に成功した4人の女性が、歓声とともにまるで別人のように変身して現れました。

ひとりなどずっとスタジオの隅に立っていたのに、本人だとは誰も気づかなかった様子で、もう得意満面の笑顔!(嬉しかっただろうな~)

8ヶ月とはいえ、これだけの減量をするとやはり皮膚は弛み、外科的に解決しなくてはならなかったものの、それでも皆さん「毎日鏡を見るのが楽しくて仕方がない」「人生が変わった」と喜んでいました。


何人かは脂肪吸引も併用していましたが、ダイエットメニューの基本はやはり「運動」でした。

脂肪燃焼のための有酸素運動に、基礎代謝アップのための筋トレをいろいろ組み合わせ、とにかく身体を動かしていたようです。

ある程度は食事の制限もあったのでしょうが、何かを飲んで痩せるとか、横になったまま何もせずに痩せる、なんてプログラムはひとつもなかったように思えます。

続きを読む

乗馬的健康器具2

ブログネタ
ヘルス/ビューティ に参加中!
以前、ロデオボーイ2を試した感想を紹介しました。

いまさらにはなりますが、『ロデオボーイ2では、腹直筋、腹斜筋、脊柱起立筋、大腿内転筋、大腿四頭筋、大臀筋などを中心に、バランスを取るために多くの筋肉を使うようです。
乗っているだけで腹部や臀部、太もものシェイプアップが可能になると宣伝しています。

で、試した感想ですが、腹筋やコアマッスルにはたしかに効きそうで、腸をはじめ内臓の刺激にもなり、続ければウエスト周りのシェイプアップになりそう!

また、しっかり内ももで挟んで内転筋を意識すれば、太もも痩せにもなるでしょう。

さらに、姿勢の矯正や腰痛の改善なども期待できそうですが、私の場合は乗馬フィットネスが目的というより、あのグワングワンした動きが単純に楽しいんですけどね!

気になる騒音は、自分自身はまったく気にならず、近所迷惑も(マンションなら)あまり心配のいらないレベル。

もしも買ったら、エクササイズの前に準備運動としてテレビ観ながら気楽に楽しもうと思っているので、15分という時間も手頃です。

なお、ロデオボーイ2は前シリーズの1から大幅に進化しているそうなので、買うなら2がお勧め!

ということで、ロデオボーイはとくに運動嫌いの方には試してみる価値がありそうです。』


これに対し、実際にお使いの方から、「全然痩せない」「腰痛が出た」なんて声も上がっているようです。


ロデオボーイ2にはビデオ解説などもないようで、基本的な使いかたはきっと説明されているのでしょうが、どこまで安全に効果的に利用すべきかといったソフト面が手薄なような気がします。

太極拳も腹式呼吸もそうですが、正しい方法で実施しなければ、効果はもとよりケガや不調の元にもなりかねないのです。

これは西式健康体操にもいえること。


実際、ロデオボーイやジョーバを実施中の方の中には、猫背であったり腰が浮いてしまったりしている人も多く、見ていて「ああ、これではちょっと...」と思うことも少なくありません。

ロデオボーイで全然痩せないのは、正しい使い方をしていないからではと言えますが、これはラテラルステッパーでもバランスボールでも同じこと!

きちんと身体を使えていれば、程度の差こそあれ何をやってもフィットネスになるのです。

アフィリエイトなどやっていない私は、ロデオボーイを勧めても一文の得にもなりませんが、せっかく買ったのに「あんなものは効果がない」という周りの声を聞いてやめてしまう人が少なくないようなので、ちょっとコメントしてみました。


身体を使うものはどんなものでも、正しく続ければ何らかのダイエット効果があります。

「正しく」とは食生活を含めてのことであり、運動しているからといって好きなものを好きなだけ食べていては本末転倒というものです。


また世の中の多くのダイエット法が、食事制限を伴ってはじめて顕著な効果が上がることを覚えておかなくてはなりません。

「魔法」で痩せることはできないのです。

スポーツクラブを利用する人の目的はいろいろ

ブログネタ
ダイエットいろいろ に参加中!
今日の美容太極拳のレッスンの後で、年輩の女性から声をかけられました。

「センセ、これやってても絶対痩せないわよォ!」

「ちゃんとやれば痩せますよ! 効果の出ているかたもいらっしゃるじゃないですかァ!笑」

「私たちはセンセや若い人みたいに朝食べなくて夜も小食なんてできないわよ、食べることだけが楽しみなんだから!」

「体操と呼吸だけでも効果はありますから、がんばって続けましょうね!」

「ムリ、絶対ムリよォ、食べちゃうから〜、ハッハッハッハッ!」


69歳だというその方は、太ってはいるもののフィットネスクラブに通っているだけあって見た目も元気で、体の不調もとくにないとか。

だから逆に、スタイルを気にする若い方や、高血圧や糖尿病、膝関節痛や腰痛などにお悩みの方のようには、ダイエットの必要性をあまり感じていないのかもしれません。

で、私たちの会話を聞いていた別の方が、「私は血圧を下げなきゃならないから、先生の言うとおり食事も変えましたけど、ちゃんと続いてますよ!」とおっしゃってくれました♪

「目的があればできるんですけどね〜、漠然と痩せたいだけじゃやっぱり良いとこ取りになっちゃうのかなぁ...」

「あまり気にされないほうがいいと思いますけど...ちゃんとやれば効果があるのは私が保証しますから〜!」

ジワーン...(←感動している)


この方(40歳前後でしょうか)のように、明確な目的があれば、目標達成のために労を惜しまず、また従来の食生活を変えることも苦ではないかもしれません。

要は何を優先するかということであり、どこまで本気になれるかということです。

必死になってダイエットする必要がないのであれば、趣味として楽しくダイエットに取り組むということであってもいいんです。

逆に、69歳でとくに体の不調もなければ、あえて辛いことをすることはありません。

そうした意味では、彼女は私の食事法は無視すればよく、「ムリ、できっこないわよォ〜」と言わせてしまった私に、どこか「押しつけ」があったのかもしれないと反省しています!



スポーツクラブを利用する人の目的はいろいろ。

自分のペースで楽しみたい、参加しているだけで楽しいという方もいらっしゃいます。

熱意以上に熱くなり過ぎて一人相撲にならないよう、気をつけていきたいですね!
ギャラリー